黄ニキビが出来たらどうケアすればよい?

ニキビ化粧水 → 黄ニキビについて

黄ニキビについて

一口に「ニキビ」といっても、その種類・状態は様々です。ニキビは進行・悪化が進むごとに見た目や色が変わり、その色にちなんだ呼び名で呼ばれていますね。白ニキビ・黒ニキビ、また炎症を起こす事で赤ニキビとも呼ばれています。

ニキビの進行が進めば進むほど、その治療は難しくニキビ跡として易くなってしまいますので、可能な限り早めに見つけ、そして早めに治療を済ませてしまう事が重要です。早い段階でニキビを治療する事で、ニキビ跡の残る確率もグッと下がってくるでしょう。

ところが、ニキビでお悩みの全ての方が早期に発見・治療できる訳ではありません。白ニキビや黒ニキビの段階を超え、赤ニキビに、そしてさらに進行を勧める事で「黄ニキビ」になってしまった方もいらっしゃるでしょう。

黄色ニキビまで進行を進めてしまった場合、その治療は一筋縄では行かないかも知れません。ニキビの炎症がお肌の奥、真皮にまで達してしまった状態ですので、ニキビが完治した後もお肌にデコボコとしたニキビ跡が残ったり、色素沈着でシミの様になってしまう事も考えられます。

黄ニキビとは、皮脂の詰まった毛穴の奥でアクネ菌が繁殖し炎症を起こした赤ニキビからさらに進行が進んだ状態の事を指します。黄ニキビまで進行の進んだニキビは痛みを伴い、化膿して黄色い見た目をしています。

黄色ブドウ球菌の繁殖し、毛穴の中に収まりきらなくなったニキビの中身がニキビ周辺の組織に漏れだしてしまっており、かなり深刻なニキビであると言えます。

黄ニキビに限った事ではありませんが、ニキビは絶対に自分で潰してしまわない様にして下さい。とくに黄ニキビの場合、自力でのケアが間違っていたりするとさらに悪化が進んでしまうケースもあり得ます。これ以上の悪化を食い止める為にも、出来るだけ早めに皮膚科での治療を受けましょう。

皮膚のプロフェッショナルである皮膚科で、安全・確実な治療を受けて下さい。「たかがニキビで・・・」となかなか踏みきれない方もいらっしゃるかも知れませんが、ニキビはお肌の病気です。健やかな素肌を手に入れる為に、早急に正しい治療を受けましょう。