白ニキビを治すには?

ニキビ化粧水 → 白ニキビについて

白ニキビについて

一口に「ニキビ」といっても、その見た目は様々ですね。ニキビは悪化・進行とともに見た目や呼び名が変わり、進行が進むに連れて治療が難しく・ニキビ跡として残りやすくなってしまいます。つまり、ニキビの治療は早期に見つけて対処する事がポイントなのです。

早期発見&早期治療で、何も無い元通りの素肌を目指しましょう。ニキビの治療をするのであれば、「白ニキビ」と呼ばれる段階で行うのがベストです。

ニキビの中でも小さく見つけ辛い種類のものですが、この段階で治療を済ませておけばニキビの悪化やニキビ跡を引き起こす事もなくスベスベの状態に戻れる可能性も高いと言われています。

白ニキビとは、毛穴に皮脂や汚れが詰まっただけの状態のニキビで、ニキビの原因菌であるアクネ菌の繁殖がまだ始まっていないので炎症をおこしておらず見た目はその名の通り白くプツっとした小さなニキビの事を指します。

まだ白くなっていないものもあり、指先でお肌に触れた時に「あれ?」と気付く方も少なくないでしょう。 この後、白ニキビの中でアクネ菌が本格的に増殖をはじめ、ニキビが炎症を起こす事で「赤ニキビ」に また、毛穴の中に詰まった皮脂や汚れが酸化を起こす事で「黒ニキビ」へと進行が進んでいくのです。

悩みの無いスベスベな素肌をキープする為には、この白ニキビの段階で治療してしまう事をオススメします。これは白ニキビに関わらず全てのニキビへのケアとしての鉄則ですが、ニキビ治療で絶対に行うべきでない方法は自分で潰すという手段です。

ニキビを見つけると、ついつい気になって中身を絞り出したり、爪で引っ掻いたりしてしまいがちですが 悪化やニキビ跡を防ぐ為にも、絶対に自分で潰してしまわないように心がけて下さい。ベストな方法は、皮膚科での治療を受ける事です。

たかがニキビで・・・と躊躇してしまうかもしれませんが、ニキビもれっきとしたお肌の病気です。 白ニキビの段階で見つける事が出来たのであれば、悪化の前にぜひ解決させておきましょう。